自宅で副収入を得る方法をお探しなら

EMSで送れる?送れない?【時計・ボタン電池】

リチウムイオン電池の発送には条件がある。

 

 

 

去年までは一切発送することができなかった
リチウムイオン電池を含んだ商品(ゲーム機など)

 

 

今年からは、決められた郵便局に出せば
発送することが可能になりました。

 

 

 

このことは以前にもこのブログでご紹介しましたね。

 

 

 

 

一昨日、

 

カナダ・シンガポール・イギリスと3カ国に商品を発送したのですが
その中に、腕時計がありました。

 

 

 

私は基本的におもちゃ関係を取り扱っているので
時計の発送は初めて。

 

 

商品が落札されてから気がついたのですが

 

 

 

時計って電池入ってるよな?
送れるのか??

 

 

 

まぁ、万が一ダメでも
ちょっと離れた大きい郵便局に行けば
航空危険物を発送することはできるけど・・・・

 

 

 

そこまで持っていくのがめんどくさい。
できれば、いつも出している郵便局で発送を完了させたい。

 

 

 

 

一応、日本郵便のホームページには

 

『機器に取り付けられたボタン型のリチウム電池は航空危険物に該当しませんので、
ボタン型のリチウム電池が取り付けられた機器類は、航空便・船便にかかわらず送付することができます。』

 

と書いてある。

 

 

 

 

とりあえず、いつもの郵便局に持って行きました。

 

 

 

チータラ:「すいません。時計って発送できますかね?」

 

局員さん:「電池が入っていると思いますが、たぶんボタン電池ですよね?」

 

チータラ:「はい、そのはずです。」

 

局員さん:「なら発送できますよ~。」

 

 

 

 

発送できた!

 

 

 

つまり、

 

時計(ボタン電池)は航空危険物に該当しないので
どこの郵便局からでも発送が可能だということ。

 

 

 

 

知識がない郵便局員さんとかだと
『リチウムイオン電池は発送負荷 = 電池全部はダメ』

 

と思い込んでいる場合もあるので
「国際郵便のホームページでは発送できるって書いてありましたよ?」
と伝えるといいですね。

 

 

こちらもしっかり確認した情報なら強気に反論できます。
日々、正しい情報を吸収していきましょう!

 

 

 

 

まとめ

リチウムイオン電池は航空危険物に該当するが
ボタン電池は該当しない。

 

なので、時計などは問題なく発送できる。

 

 

 

リチウムイオン電池も条件が整えば発送することは可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓

 

 

リチウムイオン電池を発送するための5つの条件

 

 

 

 

■この記事が何か1つでもお役に立てましたら
ぜひクリックをお願いします。
ブログ更新の励みになります!

 

 

 

■質問・感想や
「これが知りたい!」ということがあれば
こちらからお気軽にご連絡ください。^^
↓  ↓  ↓

 

 

 

無料メール相談はこちら

eBayに関する疑問・相談などがあればお気軽にご連絡ください。
私でも力になれることがあるかもしれません。

無料メール相談はこちら


◆メルマガも配信中◆


メルマガ登録はこちら


  にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 目次 オススメ教材 初心者講座 プレゼント メルマガ お問い合わせ